「生き物たちに乾杯」 第3巻 "A Toast to Wildlife!" vol. 3

タンチョウ(丹頂)/Red-crowned crane

夜明け前から2時間近く待って、やっと飛んできた1羽のタンチョウです。逆光の中、確かに吐息は撮りやすいのですが、雪の中、コントラストを出すのには苦労しました。
f0365975_08324348.jpg
ようやく、次々と飛来してきました。それとともに外国人カメラマンが次々とやって来ました。日本人より、外国人の数のほうが圧倒的に多いですね。
f0365975_08325353.jpg
f0365975_08330240.jpg

[PR]
by Omori_Seacoast3 | 2017-04-02 08:48 | Comments(2)
Commented by yuugesyou at 2017-04-02 10:32
Omoriさん こんにちは!
ブログはいつも拝見させていただいておりますが あまりにも素晴らしいタンチョウを見て
思わずコメントをさせてもらいました。
このような画を写すには寒い中 夜明け前からスタンバイしていなければ撮れませんよね! 
この様なシーンを私も撮りたいと思っているのですが 寒いのは嫌 早出は嫌なんて言ってたら
絶対に写すことのできない場面ですね。
今後も素晴らしい画像を楽しみに拝見させていただきます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by Omori_Seacoast3 at 2017-04-02 17:00
> yuugesyouさん
いつも、拙いブログにご訪問いただき、ありがとうございます。
撮影旅行はだいたいが一人ですので、普段と違って、夜は早々と寝てしまいますので、早起きは大丈夫なのですが、この日は早く行き過ぎたようで、鶴は勿論のこと、CMさんは誰一人いませんでした(笑)。
餌付けが9時からなので、鶴たちもその時間を見計らって集まってくるみたいです。おかげで宿に帰って朝食を摂るタイミングを逸し、この日は昼食も抜き、おまけに水分補給ゼロとなってしまいました(笑)
北海道に住んでいた経験もあり、寒さには平気で、鶴が来るまでは車に籠っていた地元のCMさんに、ずっと外に立っているのを驚かれたくらいです。まあ、きっと鈍感なんでしょうね。
私も、yuugesyouさんの活き活きとした素晴らしい写真を楽しみに拝見させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。