「生き物たちに乾杯」 第3巻 "A Toast to Wildlife!" vol. 3

<   2017年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ツミ(雀鷹)/Japanese lesser sparrowhawk

鳩くらいに、体が小さいと言えども、ツミはやはり猛禽です。もうすぐ巣立つ雛たちのために、この日は雄が捕獲したスズメを受け取ったメスは、巣へ運ぶ前に処理していました。
f0365975_23330822.jpg
f0365975_23342315.jpg
f0365975_23344741.jpg

[PR]
by Omori_Seacoast3 | 2017-06-29 23:36 | Comments(0)

ツミ(雀鷹)/Japanese lesser sparrowhawk

児童公園の樹上で抱卵していたツミをほぼ週末ごとに見守ってきましたが、そろそろ雛が孵化したころだろうと思って、期待して公園を訪れてみると、いつものように巣を見張れる定位置に雄もいません。そして下から巣を覗いても、雌の気配すらありません。どうやら近くで雛が生まれたカラスに、ツミの雛は襲われたに違いありません。
公園内の少し離れた樹上にツミのつがいを見つけました。きっと襲われてまだ間もなかったのかもしれませんね。
f0365975_23432906.jpg
f0365975_23435447.jpg
f0365975_23440249.jpg
f0365975_23433823.jpg
雌は元気良さそうに見えましたが、雄はどことなく悲しげでした。
f0365975_23460997.jpg
f0365975_23461602.jpg




[PR]
by Omori_Seacoast3 | 2017-06-19 23:48 | Comments(0)

バン(鷭)/Common Moorhen

1年のうちで、平地で最も鳥が少なくなる時期が近付いていますが、周辺では今でもすでに鳥枯れは始まっています、そんな時期には、住宅街の中の池で子育てを披露してくれるバンは貴重な存在です。
f0365975_00034288.jpg
餌のキャッチ失敗です。
f0365975_00035609.jpg
でも、すかさず親が拾ってくれました。
f0365975_00040680.jpg
f0365975_00042744.jpg



[PR]
by Omori_Seacoast3 | 2017-06-16 00:08 | Comments(0)

バン(鷭)/Common Moorhen

昨日まで2回連続のバンの記事でしたが、3回目も飽きることなくバンです。
f0365975_00140970.jpg
f0365975_00145261.jpg
f0365975_00150849.jpg
f0365975_00152035.jpg
f0365975_00154802.jpg
f0365975_00160865.jpg
f0365975_00173621.jpg

[PR]
by Omori_Seacoast3 | 2017-06-14 00:18 | Comments(0)

バン(鷭)/Common Moorhen

雛は全部で4羽ですが、いつも1羽が出遅れてしまっています。巣立ちの雛を抱えたカラスも気がたっていますから、カラスに襲われぬよう、なんとかこのまま早く大きくなってほしいです。

f0365975_00265635.jpg
f0365975_00294306.jpg
f0365975_00300362.jpg
f0365975_00311734.jpg
f0365975_00342988.jpg
f0365975_00430609.jpg
f0365975_00432000.jpg







[PR]
by Omori_Seacoast3 | 2017-06-13 00:44 | Comments(0)

バン(鷭)/Common Moorhen

梅雨入りしたというのに、いまだに東京には大した雨が降っていません。バンが雛を育てている住宅地内の池も水が干上がってるのかと思いきや、地下水が湧いているのか、豊かな水を湛えていました。雛は4羽、まだ小さくて可愛いです。
f0365975_01013271.jpg
f0365975_01040522.jpg
f0365975_01034189.jpg
f0365975_01034754.jpg
f0365975_01014806.jpg
f0365975_01021905.jpg
f0365975_01055283.jpg


[PR]
by Omori_Seacoast3 | 2017-06-11 01:06 | Comments(0)

ツミ(雀鷹)/Japanese lesser sparrowhawk

ほぼ1か月も訪れていなかった公園に、そろそろ雛が孵っているかもしれないと期待して出かけました。残念ながら、まだメスは樟の上に作った巣の中で抱卵中で、それを近くの木の上から、オスが見守っていました。カラスに巣を荒らされてなくて、ひとまず安心しました。
f0365975_00255863.jpg
f0365975_00253542.jpg
f0365975_00262190.jpg
雄からの餌渡しのために、巣から出てきた雌の羽には色艶が無くなっていて、抱卵の為に巣籠りしてるだけでも健康状態は低下するみたいです。
f0365975_00291933.jpg

[PR]
by Omori_Seacoast3 | 2017-06-09 00:31 | Comments(0)

オオルリ(大瑠璃)/Blue-and-White Flycatcher

今年の湘南の森では、いつもの年よりもオオルリが囀る箇所が多いような気がします。雛や卵の盗難に遭ったという話は毎年、耳にしますが、それでも毎年、繁殖に訪れるオオルリの個体数が確実に増えてきてほしいですね。
先週末のオオルリは、味のある立ち枯れ木の上で囀ってくれました。
f0365975_23384150.jpg
f0365975_23434237.jpg
f0365975_23385663.jpg
f0365975_23392391.jpg
f0365975_23394110.jpg
f0365975_23394941.jpg
f0365975_23400955.jpg

[PR]
by Omori_Seacoast3 | 2017-06-06 23:41 | Comments(0)

キアシシギ(黄足鴫)/Grey-tailed Tattler

キアシシギは、地上に下りて餌をついばんでいる姿より、啼きながら干潟の上を一直線に飛んでいく姿のほうがきれいですね。
f0365975_00353890.jpg
f0365975_00354601.jpg
f0365975_00355129.jpg
f0365975_00360259.jpg

[PR]
by Omori_Seacoast3 | 2017-06-06 00:37 | Comments(0)

サンコウチョウ(三光鳥)/Japanese Paradise Flycatcher

毎年、湘南の森にサンコウチョウを訪ねて、今年でもう何回目でしょうか?それでもなかなかうまく撮れずに、今年はまだサンコウチョウの動きも活発ではなく、シャッターチャンスも少なく、今日も撮れた姿は枝被りや正面顔で、まともに撮れてはいません。もうしばらく経ってから訪れるほうが良いのかもしれませんね。
f0365975_00371863.jpg
f0365975_00362884.jpg

[PR]
by Omori_Seacoast3 | 2017-06-04 00:43 | Comments(0)